タビマメ
GPS hotel 路線検索

清洲城

清洲城(きよすじょう)は尾張国の中心地として栄え、織田信長が約10年の間居城とした城。1405年に尾張・遠江・越前守護の管領・斯波義重(しばよししげ)によって築城され、守護代の清洲織田氏の居城として尾張国の中心地となった。織田信長は小牧山城に移るまでの10年間居城とし、有名な清洲同盟(1562年)や、信長の死後には清洲会議(1582年)が行われた。現在の天守は1989年に建設された模擬天守であり、本丸土塁の一部が現存する。
料金大人 300円、小人 150円
住所 愛知県清須市一場
豆知識

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
04:12~ 04:41 11:49 18:58 19:27~

レビュー

  • 清洲同名や清洲会議が行われた地。
  • 1989年に再建されたお城。かつては尾張の中心地だった。
  • 展望台からの景色はオススメ。新幹線が間近に見え、展示物も楽しめます。
  • 思いつきの旅。 今日は清洲城ଘ(੭´ ꒫`)੭̸* ずっと中に入れないお城だと思ってました。途中から入れるようになったのかな?結構人がいました₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎

    1年以上前
  • 清洲城。新幹線と鯉のぼりとお城が素敵。スケッチにもってこいの風景ばっかですよ〜

    1年以上前
  • ただ、清洲城は一応どうでしょうのロケ地なので聖地ではある

    1年以上前
  • 清須「戦国時代は尾張の都で清洲城を中心にすごく栄えてたんだ。名古屋に都をとられるまではね・・・」

    1年以上前
クリア