タビマメ
GPS hotel 路線検索

弘道館

弘道館(こうどうかん)は、1841年に第9代水戸藩主の徳川斉昭により造られた水戸藩の藩校。第15代将軍徳川慶喜も5才の時から学び、大政奉還の後に一時期は至善堂(しぜんどう)に蟄居した。戊辰戦争や太平洋戦争で多くの建物を失い、正庁、至善堂、正門などが残る。また梅の名所としても知られる。

水戸藩

茨城県中部・北部を治めた藩。石高35万石の徳川御三家の一つで、石高は35万石
営業時間9:00~17:00(季節による)
料金大人 190円、 小・中学生 100円
住所 茨城県水戸市三の丸1-6-29
アクセスJR常磐線 水戸駅から徒歩約8分

レビュー

  • レビュー写真
    大日本史
  • レビュー写真
    案内図
  • レビュー写真
    入口
  • レビュー写真
    説明
  • 弘道館お散歩⑤ 石畳の坂がお気にいり

    1年以上前
  • 弘道館お散歩④

    1年以上前
  • 弘道館お散歩③

    1年以上前
  • 弘道館お散歩②

    1年以上前
  • 水戸の弘道館はとても良いところだった。

    1年以上前
  • 【教育史】近世の日本には藩校ってのがあったんだ。今、大河ドラマで扱われている会津藩の日新館もそれの仲間だ。有名どころとしては、水戸藩の弘道館、尾張藩の明倫堂、岡山藩の花畠教場、萩藩の明倫館、熊本藩の時習館、薩摩藩の造士館が挙げられるな。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
03:51~ 04:22 11:41 18:59 19:30~