タビマメ
GPS hotel 路線検索

能仁寺

天覧山の南麓にある能仁寺(のうにんじ)。境内には日本名園百選にも選ばれ、桃山時代の造園といわれる庭園がある。また飯能戦争(戊申戦争)の舞台となったことでも知られる。

あらまし

1501年にこの地の豪族であった中山家勝が小庵を開き、没後に子の中山家範が父の菩提を弔うため寺院を建設した。その後徳川将軍家の庇護のもと栄えた。

飯能戦争(戊申戦争)

新政府軍と旧幕府勢力との戦いの1つ。上野寛永寺に立てこもる彰義隊から別れ、振武軍を結成した渋沢成一郎は、能仁寺に本陣を置き、1868年5月23日に官軍と交戦した。戦闘は2日間に及んだが振武軍は惨敗した。この戦いで能仁寺本堂が火災を起こすなど、4寺が焼失、民家200戸以上が焼失した。
営業時間午前9:00~午後4:00
料金
  • 庭園および本堂拝観料 300円
住所 埼玉県飯能市飯能市大字飯能1329

レビュー

  • 日本庭園が有名です。
  • 能仁寺のお堂の隣にある楓の木綺麗すぎてヤバかったです。

    1年以上前
  • 飯能あたりは今が紅葉のピークです。天覧山とその麓にある能仁寺マジおすすめ。お寺なのでとても良く手入れされていて風情がありました。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:21~ 06:48 11:54 17:00 17:27~