タビマメ
GPS hotel 路線検索

十六羅漢岩

日本海の荒波にもまれる22体の磨崖仏「十六羅漢岩」。吹浦海禅寺の21代和尚・寛海が、命を失った漁師達の供養と海上安全を願い1864年に発願。地元の石工たちと共に5年の年月をかけて造り上げられた。毎年7月下旬には、十六羅漢まつりが開催され海上安全祈願式典が行われ、夜間はライトアップされます。
料金自由見学
住所 山形県飽海郡遊佐町吹浦字西楯
アクセスJR羽越本線・吹浦駅→車で5分
豆知識16体の羅漢に加え、釈迦牟尼、文殊菩薩、普賢菩薩、観­音、舎利仏、目蓮の6体が加わって22体の磨崖仏がある。

レビュー

  • 十六羅漢岩は珍しく海岸の奇岩に仏像が彫刻されています。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:15~ 06:45 11:31 16:17 16:47~