タビマメ
GPS hotel 路線検索

立石寺(山寺)

  • 立石寺(山寺)
  • 貞観11年(八六〇)、慈覚大師の開山にあたり、釈迦・薬師・阿弥陀三尊を安置し、守護神とした。江戸時代までは山王権現といわれ、明治維新で村社となって、大山咋尊を祭神としており、五月十七日に祭礼がおこなわれる。 右側の大きな碑は、この地に行幸された大正天皇と、貞明皇后の記念碑である。後方の大銀杏は、慈覚大師お手植えと伝えられ、一千百余年の樹齢という。
  • 立石寺(山寺)

    後ろの大イチョウは慈覚大師の御手植えと伝わる。

  • 立石寺(山寺)
  • 立石寺(山寺)