タビマメ
GPS hotel 路線検索

秋田市立赤れんが郷土館

秋田市立赤れんが郷土館は、旧秋田銀行の本店として1912年(明治45年)に完成した赤れんが館(重要文化財)を中心に、新館、分館、秋田市民俗芸能伝承館(通称:ねぶり流し館)からなる郷土資料館。

赤れんが館

旧営業室、旧頭取室、旧貴賓室など、かつての銀行時代の面影をよく遺しており、旧書庫では秋田市の伝統工芸品の展示が、旧会議室では人間国宝の関谷四郎(鍛金家)の記念室、自宅アトリエ(再現)、作品などが展示されている。

新館

秋田出身の版画家、勝平得之(かつひら とくし:1904~1970年)の記念室があり、その生涯や業績、作品が展示されている。

ねぶり流し館(民俗芸能伝承館)

赤れんが館から徒歩5分ほどのところにある分館の「ねぶり流し館」。1階は土崎神明社祭で使われる山車、梵天祭り(太平山三吉神社)の梵天が展示されている。2階では秋田市の民俗行事と芸能が紹介されている。

旧金子家住宅

ねぶり流し館に隣接すし、江戸時代後期の商家の様子を伝える建物が公開されている。
営業時間9:30~16:30
入館料
  • 赤れんが郷土館 高校生以上 200円
  • 赤れんが郷土館・ねぶり流し館共通 高校生以上 250円
  • ねぶり流し館 高校生以上 100円
※ 中学生以下はいずれも無料。
住所 秋田県秋田市大町三丁目3-21

レビュー

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
03:48~ 04:19 11:36 18:52 19:23~