タビマメ
GPS hotel 路線検索

大湯環状列石

大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)は縄文時代後期(約4,000年前)に造られたと考えられている大規模な配石遺跡。発見は1931年(昭和6年)、約130メートルの距離をおいて野中堂(直径44m)と万座(直径52m)の環状列石(ストーンサークル)で構成されている。
住所 秋田県鹿角市十和田大湯
アクセス
  • 鹿角花輪駅より秋北バス「大湯温泉」行き「環状列石前」下車(約30分)
  • 十和田南駅よりタクシーで約10分
  • 十和田南駅よりバスで約15分
  • 東北自動車道十和田ICより車で約10分

レビュー

  • 約4,000年前の縄文時代の遺跡。
  • 日本最大のストーンサークル。諸説あるが墓地ではないかと考えられている。
  • 出土品は敷地内のストーンサークル館で展示されています。
  • 約4000年前に造られた秋田のストーンサークル「大湯環状列石」

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:18~ 06:48 11:29 16:10 16:41~