タビマメ
GPS hotel 路線検索

レンブラントの家

レンブラント・ハルメンス・ ファン・レイン『自画像』(1640年) オランダのアムステルダムにある、画家レンブラント・ファン・レインが1639年から20年間住んでいた家「レンブラントの家(Museum Het Rembrandthuis)」。現在はレンブラントが住んでいた当時を再現した博物館・美術館となっている。

あらまし

1606年に建てられたこの豪邸は、経済的に絶頂期であったレンブラントが1639年に購入した。しかしレンブラントは借金が重なり1656年に破産。そして1658年には家は競売にかけられた。その後レンブラント生誕300年記念となる1906年にこの家は残されることとなり1911年博物館として開館した。

レンブラント・ハルメンス・ ファン・レイン

「夜警」レンブラント・ファン・レイン(1642年) 17世紀を代表するオランダの画家、レンブラント・ハルメンス・ファン・レイン(1606年~1669年)。「光の画家」「光の魔術師」の異名を持ち、アムステルダム国立美術館に収蔵されている大作「夜警(1642年)」が有名。
営業時間月~土曜日 10:00~17:00
日曜日・祝日 13:00~17:00
料金€7
住所 オランダ

レビュー

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
15:23~ 16:01 20:24 00:48 01:26~