タビマメ
GPS hotel 路線検索

シュレーダー邸

オランダのユトレヒト市内にある「シュレーダー邸」。ゴッホ美術館を設計したオランダ人建築家のヘリット・トーマス・リートフェルト(1888年~1964年)により、未亡人のシュレーダーとその3人の子供たちのために設計、建築された邸宅。デ・ステイル建築の最も知られた建築物。邸宅内は様々な工夫がこらされており、1階と2階の間には、食事を上げるためのリフトや伝声管などがあり、また2階のスペースはスライドや折り畳みのドアにより区切られ、ワンルームになったり家族の個室へと変化する仕掛けがある。2000年に世界遺産に登録され、現在はミュージアムとして開放されている。

デ・ステイル(De Stijl)

ヘリット・リートフェルトによる「赤と青のいす」(1917). デ・ステイルとはオランダのライデンで1917年に創刊された雑誌と、それに基づく画家、建築家、デザイナーらによる国際的活動の事。基本色と幾何学的形態が特徴。このシュレーダー邸は、デ・ステイル建築の中でも最も知られた建築物である。

邸宅内の見学方法(2時間程度のバスツアー)

  • 「ユトレヒト中央博物館」に電話で予約。
  • 日本から +31.30.2362.310
  • オランダから 030.2362.310
  • ツアーは1日4回。「ユトレヒト中央博物館」を出発して約2時間で巡る。
住所 オランダ ユトレヒト

レビュー

  • シュレーダー邸! 世界遺産なのに、知られてなさすぎる。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
12:52~ 13:29 20:43 03:56 04:33~