タビマメ
GPS hotel 路線検索

永保寺

美濃七福神の一つ「永保寺(えいほうじ)」。1313年土岐氏の招きをうけ夢窓疎石と元翁本元が長瀬山の麓に庵を結んだのが始まり。
住所 岐阜県多治見市虎渓山町1-40
アクセス
  • JR中央線 多治見駅→徒歩約30分
  • JR中央線 多治見駅→東鉄バス・久々利線「虎渓山」下車→徒歩10分
  • 中央自動車道多治見インターより約2Km
  • 夢窓疎石ゆかりの地

    お寺巡りなどをしていると良く目にする名前が夢窓疎石。鎌倉時代末~室町時代初期にかけての禅僧で、朝廷と幕府の両者から篤い崇敬を受けた。また作庭家としても有名な人物。

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
04:10~ 04:39 11:48 18:57 19:26~

レビュー

  • 永保寺なう 紅葉めっちゃ綺麗

    1年以上前
  • 永保寺の御朱印。水月場と墨書きされている。国宝。また、雲水の修行道場でもある。庭園の設計で呼び名が高い夢窓疎石の作庭。他に苔寺、天龍寺、瑞泉寺など手掛ける。

    1年以上前
  • 永保寺(えいほうじ)は、岐阜県多治見市にある臨済宗南禅寺派の寺院。山号は虎渓山(こけいざん)。 雲水の修行道場(僧堂)である虎渓山専門道場を併設している。 美濃七福神の一つ(寿老人)。

    1年以上前
  • 永保寺聖観世音菩薩坐像:岐阜県にある臨済宗南禅寺派寺院。創建に夢窓疎石が関与した。美濃七福神と呼ばれる岐阜県内の七福神巡礼地の一角を占める。山号の虎渓山は近隣のパーキングエリアの由来である。秋には燃える様に色づくもみじが池を囲む。

    1年以上前
クリア