タビマメ
GPS hotel 路線検索

木戸孝允旧宅

木戸孝允(桂小五郎)が生まれてから江戸に出るまでの約20年間を過ごした家。建物内にはボランティアガイドが常駐しており詳しい説明を聞くこともできる。

木戸孝允

木戸孝允は1833年、萩藩医の和田昌景の長男として生まれ、後に桂家(近隣の藩士)の養子となり桂小五郎と名乗った。幕末では薩長同盟の締結、維新後は五箇条の御誓文、版籍奉還・廃藩置県、四民平等、憲法制定、三権分立の確立、二院制の確などを提言し明治政府を支え、西南戦争中の1877年(明治10年)に病死した。
営業時間9:00~17:00
無休
料金
  • 100円
  • 萩市文化財施設1日券(9施設共通・300円)の利用も可能。
住所 山口県萩市呉服町2丁目37
アクセス
  • 萩循環まぁーるバス西回りコース「萩美術館浦上記念館前・萩地方合同庁舎前」バス停から徒歩約4分

レビュー

  • 木戸孝允旧宅の庭周辺にはソテツとかシュロが植えてあったりしてそれがまたいい具合に格子状の木枠や小高い生け垣とマッチしてる。

    1年以上前
  • 萩の偉人達

    萩は江戸時代に長州藩36万石の城下町として栄え、幕末・明治の動乱期には多くの偉人を輩出した町。

  • 萩城城下町の見所ナビ

    萩城の城下町はかつて中級武士が暮らしていた場所。木戸孝允(桂小五郎)、高杉晋作、第26代内閣総理大臣・田中義一が生まれ育った地。隣の堀内エリアは上級武士が暮らし...

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:51~ 07:18 12:25 17:33 18:00~