タビマメ
GPS hotel 路線検索

西大寺会陽(はだか祭り)

裸祭りで知られる「会陽(えよう)」は毎年2月の第3土曜日に西大寺で開催される奈良時代からの伝統行事。境内にはたくさんの観覧客もおしよせ熱気に包まれる。22時に本堂の御福窓から宝木(しんぎ)が投げられ、境内をぐるっとまわり。宝木を持ち一着で本堂に到着したものはその年の福男となる。

男性 参加資格

  • 中学生以上の男性なら誰でも参加可能
  • 刺青NG、飲酒NG
  • ふんどしを購入し、メガネや貴金属などは外す。

女性

21時頃、祭りの開始を告げるのは女性の役目である。女性は白衣をまとい西大寺境内の垢離取場(こりとりば)で冷水に浸かり大願成就を念じる。そして祭りの開始を告げる「会陽太鼓」を打つ(打ち手は全て女性)。
開催時期毎年2月の第3土曜日
料金

特別観覧席

座席指定席 5,000円
立見席 500~1000円
住所 岡山県岡山市東区西大寺中三丁目8番8号
アクセスJR赤穂線西大寺駅より徒歩10分

レビュー

  • 岡山県 西大寺・・・会陽は、開基の安隆上人が・・・実忠上人の始めた東大寺二月堂の十一面悔過会(お水取り)を伝えたもの・・・裸祭りの福男としか知らなかった。その裸祭りが悔過会由来だったとは・・・

    1年以上前
  • 「裸祭り」と呼ばれる西大寺会陽が終わり、備前に春が訪れる。今年も勇壮な裸絵巻が繰り広げられた。この会陽に女性が参加する「女会陽」があることは意外と知られていない。さらし姿で境内を3周、「六根清浄」を読経するという。毎日新聞岡山支局の記者が岡山版「見聞録@」で体験ルポしている。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
05:26~ 05:51 11:56 18:02 18:27~