タビマメ
GPS hotel 路線検索

ワット・プラケーオ(エメラルド寺院)

王宮の敷地内にありエメラルド寺院の名で知られる「ワット・プラシーラッタナサーサダーラーム(通称 ワット・プラケーオ)」。僧侶のいない王族専用の寺院でエメラルド仏(プラ・ケーオ)を安置している。

主な建造物

本堂…エメラルド仏を安置する。
プラ・シーラッタナチェーディー…金色の仏舎利塔。
プラ・モンドップ…経堂であり、三蔵経を納めている。
プラサート・プラテープ・ピドーン(ロイヤルパンテオン)…ラーマ1世から8世までの彫像を安置。

エメラルド仏(ワット・プラケーオ)

エメラルド仏(プラ・ケーオ) 北インドの現パトナで紀元前43年に作られたといわれているヒスイ製の仏像。王室の重要儀式として、タイ国王により年に三回(3,7,11月)に金の僧衣の衣替えが行われる。16世紀中頃から18世紀後半までの200年隣国のラオスにあったため、タイだけでなくラオスでも重要な仏像。
営業時間営業は8:30~17:00(入場券販売は15:30まで)
料金外国人入場料は300バーツ(約900円)
タイ人は無料
住所 タイ
アクセス市内中心部からタクシーで約20分
豆知識神聖な場所のため、服装装チェックがあり、短パン、ミニスカート、タンクトップ、キャミソール、ビーチサンダルはNG。

レビュー

  • タイのエメラルド寺院 金ぴかな部分はガチのゴールドらしいです・・・

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
07:27~ 07:51 14:19 20:47 21:10~