タビマメ
GPS hotel 路線検索

ノートルダム大聖堂(トゥルネー)

ベルギー最古の町トゥルネーにある、5つの尖塔がそびえる高さ83メートルの大聖堂。12~14世紀に建造されたロマネスク様式とゴシック様式が混在したベルギーの代表的な建築物。「トゥルネーのノートルダム大聖堂」として2000年に世界遺産に登録された。
住所 ベルギー
豆知識ノートルダムとは聖母マリアに捧げられ名付けられた教会堂。

ロマネスク式

西ヨーロッパの10世紀~12世紀頃の建築・美術様式。「ローマ風の」の意味。ゴシック様式以前に栄えた。

ゴシック様式

西ヨーロッパの12世紀~15世紀頃の建築・美術様式。「ドイツ風の」「ゴート族風の」の意味。

レビュー

  • 【ベルギー王国】 トゥルネーのノートルダム大聖堂(2000年文化遺産) 全長134メートル翼廊の幅66メートルで高さ83メートルを筆頭とする5つの塔がそびえる。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
14:45~ 15:18 20:31 01:43 02:16~