仏陀の生誕地ルンビニ

ネパールのタライ平原にある小さな村「ルンビニ」。仏教の開祖である釈迦(ガウタマ・シッダールター)が生まれたとされる地であり、仏教の八大聖地の1つに数えられ巡礼者で賑わう。1997年に世界遺産に登録。
釈迦が産湯として浸かったという池など生誕にまつわる遺跡や、釈迦の母である摩耶夫人(マーヤー)を祀ったマーヤー・デーヴィー寺院、アショーカ王が巡礼したときに建立された石柱などが見られる。

仏教八大聖地

ルンビニ - 生誕の地。
ブッダガヤ - 成道(悟り)の地。
サールナート - 初転法輪(初めての説教)の地。
ラージギール - 布教の地。
サヘート・マヘート - 教団本部の地。
サンカーシャ - 昇天の地。
ヴァイシャリ - 最後の旅の地。
クシーナガラ - 涅槃(死)の地。

アショーカ王

マウリヤ朝の第3代の王(在位:紀元前268年頃 - 紀元前232年頃)。インド亜大陸を統一し、仏教を厚く守護したことで知られる王。

レビュー

レビュー・写真を投稿する
クリア
  • 釈迦が産湯につかったとされる池
  • ルンビーニの菩提樹と池
  • ルンビニー ~生誕の地~
    ルンビニー ~生誕の地~
  • ルンビニ 釈迦生誕地の風景
    ルンビニ 釈迦生誕地の風景
  • エベレストをはじめ、ヒマラヤ山脈に連なる山々を要するネパール。世界の自然博物館とも言われ、500種の蝶、600種の植物が見られます。仏陀生誕の地とされる「ルンビニ」をはじめ4つの世界遺産を持ち、宗教に基づいた独自の文化が育まれている神の国。

    1年以上前
  • 釈迦(ゴータマ・シッダールタ)生誕の地ルンビニの食堂にて。人々が集って何やら会話を開始。この街、停電がすごくて通りは真っ暗、ネット接続もままならず。ビールも、ぬるいだけでなく炭酸抜けてた…… A…

    1年以上前

ぶらぶらする

 
  • 105.6Km~
    クシナガラ クシナガラ(クシーナガル)は、現在のインドのウッタル・プラデーシュ州のカシア付近の村。死期を悟った釈尊は 霊鷲山 から生まれ故郷に向う途中にこの地で亡くなる。
  • 117.7Km~
    チトワン国立公園 チトワン国立公園は、ネパールのタライ平原にある広大な自然保護区。淡水イルカ、インドサイ、ベンガルタイガー、ヒョウ、ヌマワニ等の絶滅の恐れのある動物が生息。1984年に世界遺産にも登録された。 ゾウ...
  • 225.6Km~
    スワヤンブナート スワヤンブナートは、ネパール仏教で最も重要な寺院。寺院中央には仏陀の知恵の目が四面に描かれた仏塔がそびえ立つ。また猿が多いため「モンキー・テンプル」とも呼ばれる。
  • 227.5Km~
    カトマンズ盆地 標高は1,000mを超え、首都カトマンズを含む盆地一帯は、仏教やヒンズー教の聖地として数多くの寺院や聖堂が建てられており、1979年に世界文化遺産に登録された。盆地内にはカトマンズ市、パタン市、バクタ...
  • 232.0Km~
    パシュパティナート パシュパティナートは、シヴァ神を祭るネパール最大のヒンドゥー教寺院。ヒンドゥー教が国教のネパールでは最高の聖地。寺にはヒンズー教徒のみしか入場ができないが、火葬場は入場料を支払えば誰でも見学が可能。
  • 233.0Km~
    トリブバン国際空港 トリブバン国際空港は、ネパールの首都カトマンズにある国際空港。
  • 233.6Km~
    ボダナート ボダナートは、ネパールのカトマンズにあるチベット仏教の中心地。高さ約36mのストゥーパ(仏塔)にはブッダのお骨(仏舎利)が埋められている。 ボダナートを囲んでいる壁にはマニ車が埋め込まれており「1...
  • 250.7Km~
    ナガルコット展望台 カトマンズから車で約1時間半ほどの場所にあるナガルコット。標高2100mから東西200kmに渡って連なる雄大なヒマラヤ山脈を望むことができます。 ヒマラヤビューをより堪能したい場合は、ホテル「クラ...
  • 362.3Km~
    ブッダガヤ 仏教八大聖地の1つブッダガヤ(仏陀伽邪)は、釈迦(シッダールタ)の悟りの地として知られる。
  • 365.0Km~
    霊鷲山 霊鷲山(りょうじゅせん)は、インドのビハール州にある山。釈迦が無量寿経や法華経を説いたとされる地。現在はチャタ山と呼ばれる。1903年に大谷光瑞が率いる探検隊により仏典上の霊鷲山とこの山が同一と確定し...

天気・日の出・日の入

朝焼け
08:52~
日の出
09:15
南中
15:19
日没
21:22
夜景
21:45~
住所
ネパール
観光スポット・カフェ・ホテルを
地図・GPSで検索