タビマメ
GPS hotel 路線検索

カイロ旧市街(イスラム地区)

カイロ新市街の東にある旧市街(イスラム地区)は、今もモスクなどイスラム建築が数多く残り、7世紀以降エジプトにおけるイスラムの中心となっているエリア。972年に建てられた「エル・アズハル・モスク」や、988年に創立されたイスラム世界最古の大学「アズハル大学」があり、その隣にはカイロ屈指のスース(市場)ハン・ハリーリがある。
モカッタムの丘からカイロを見下ろす城塞「シタデル」は、1176年にアイユーブ朝の創始者サラーフ・アッディーンが築いて以来、マムルーク朝(1250年~1517年)、オスマン帝国(1299年~1922年)と時代を超えて700年近く王宮として利用された。
住所 エジプト

レビュー

  • カイロの旧市街には羊が放し飼いになっています。 @ الدرب الاحمر

    1年以上前
  • シタデル エジプトの首都カイロの旧市街、イスラム地区にある城塞。12世紀にアイユーブ朝を建てたサラディン(サラーフ=アッディーン)が十字軍防衛の拠点として建造。19世紀のムハンマドアリー朝時代まで統治の中枢となった。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
11:38~ 12:04 19:01 01:57 02:24~