タビマメ
GPS hotel 路線検索

クロ・リュセとレオナルド・ダ・ヴィンチパーク

年間25万人もの観光客が訪れるクロ・リュセは、レオナルド・ダ・ヴィンチが晩年の3年間暮らした住居、そしてダ・ヴィンチを紹介する6ヘクタールものテーマパークがあります。

クロ・リュセの歴史は?

クロ・リュセは1471年に国王ルイ11世がお抱え料理人のために建てた建物で、1490年にシャルル8世(1470-1498年)が城主となりフランス王家の城として、その後500mほど離れたアンボワーズ城が正式の城となりクロ・リュセは別宅となりました。その後フランス国王フランソワ1世(1494-1547年)と出会ったダ・ヴィンチは晩年の3年間クロ・リュセに住むことになります。

フランソワ1世にダ・ヴィンチの関係は?

フランソワ1世は親子ほどの年の差のあるダ・ヴィンチをフランスに呼び、自身の居城アンボワーズ城の近くにあるクロ・リュセに住まわせ、毎日のように訪ね深く親交を深めていたそうです。
また、1516年10月頃イタリアのローマを出発し、アルプスを越えてフランスに来たダ・ヴィンチの荷物の中には3枚の絵画『モナ・リザ』『聖アンナと聖母子』『洗礼者聖ヨハネ』があったといい、ダ・ヴィンチ死後フランソワ1世の所有物となり、後にルーブル美術館入りします。
営業時間1月 10:00~18:00
2-3月 9:00~18:00
4-6月 9:00~19:00
7-8月 9:00~20:00
9-10月 9:00~19:00
11-12月 9:00~18:00
料金9.5~12.5ユーロ(時期による)
住所 フランス 2 rue de Clos-Luce, 37400 Amboise
アクセスアンボワーズ駅から約2km
アンボワーズ城から約500メートル
豆知識ダ・ヴィンチとフランソワ1世に関係のある建物シャンボール城

レビュー

 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
15:53~ 16:28 20:47 01:05 01:40~