海外 GPS hotel
tabimame

モン・サン・ミッシェル


住所 フランス
モン・サン・ミシェル(聖ミカエルの山の意)は、フランス西海岸のサン・マロ湾上に浮かぶ小島と修道院。カトリックの巡礼地のひとつ。1979年「モンサンミシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産に登録。

建築の歴史

先住民のケルト人が信仰する聖地であったが、708年にアヴランシュ司教オベールが「この岩山に聖堂を建てよ」という3度の夢を見、大天使ミカエルのお告げと信じ礼拝堂を作ったのがきっかけ。
その後、ルマンディー公リシャール1世が966年に修道院をたて、13世紀には現在のような形になった。

百年戦争

百年戦争時には要塞として使用されたため、モン・サン=ミシェルの入り口にはイギリス軍の大砲と弾が今も残っている。

修道院から監獄

18世紀末のフランス革命時に修道院は廃止され1863年まで国の監獄として使用され、その後荒廃していたが、ヴィクトル・ユゴーの紹介がナポレオン3世を動かし、1865年に再び修道院として復元された。
1979年にはユネスコの世界遺産に登録され、現在3人程の修道士が在住し、10人程の修道女が近隣の町から通って運営に当たっている。

写真

動画

  • 動画(1)

    モンサンミッシェル

  • 動画(2)

    美味しい世界遺産 フランス・モンサンミシェル

  • 動画(3)

    モンサンミッシェル オムレツ フランス

  • 動画(4)

    オムレツの作り方(モンサンミッシェル風)ラ・メール・プラール 簡単!

豆知識
  • モン・サン・ミッシェルは、オムレツ発祥の地と言われている。宿屋を営んでいたプラ―ルおばさんが、長旅に就かれた巡礼者をもてなすために卵とバターのみを材料に作りだした(関連動画)。
  • モン・サン・ミッシェル風オムレツは東京丸の内のラ・メール・プラールで食べることもできます。
  • オムレツ発祥はモン・サン・ミッシェルだが、オムライスの発祥は大阪の「北極星」