ヒエラポリス-パムッカレ

「ヒエラポリス-パムッカレ」はトルコ西部・デニズリ県にある世界遺産(複合遺産)の登録名。「パムッカレ」はここにある石灰棚の名前。「ヒエラポリス」はパムッカレの頂上にあるローマ帝国の都市の遺跡(2世紀頃~)。またパムッカレの温泉は今でも入浴する事ができる。
  • パムッカレ
  • パムッカレはトルコ語で「綿の宮殿」といい昔から綿花の一大生産地であることによる。パムッカレの特徴は約200mの高さにもある純白の石灰棚の景色。これは温泉の炭酸カルシウム(石灰)が沈殿し植物片などがひっかかるなどして自然にできあがったもの。また温泉が冷たい大気にふれることで白い蒸気が立ち上りさらに幻想的な景色を生み出します。
  • ヒエラポリス遺跡
  • パムッカレの石灰棚の頂上にはローマ帝国の温泉保養地として栄えたヒエラポリス遺跡が残っています。度重なる地震で廃墟と化しましたがローマ劇場、ローマ浴場などの遺跡が残ります。

レビュー

レビュー・写真を投稿する
クリア
  • ヒエラポリス-パムッカレはトルコ西部・デニズリ県にあり、ユネスコの世界遺産に登録されている。パムッカレは石灰華段丘からなる丘陵地の名前であり、2世紀頃、ヒエラポリスというローマ帝国の都市が存在した。パムッカレとはトルコ語で

    2ヶ月前
  • 【トルコ共和国】 ヒエラポリス-パムッカレ(1988年複合遺産) パムッカレは石灰華段丘からなる丘陵地。パムッカレとは、トルコ語で「綿の宮殿」という意味。綿とあるのは昔からこのあたりが良質の綿花の一大生産地であることによる。

    1年以上前

ぶらぶらする

 
  • 194.0Km~
    ロードス島の中世都市 エーゲ海南に浮かぶロドス島は古くから港湾都市国家として栄え、ヨーロッパ中世の町並みを良好に保存していることと、世界の七不思議のひとつ「ロドス島の巨像」があった事で知られている。 ロドス島の主都ロド...
  • 250.4Km~
    サモス島のピタゴリオとヘーラー神殿 サモス島は数学者ピタゴラス(前582年-前496年)が生誕した地としてもしられ、紀元前6世紀頃には都市国家サモスが栄えていた。1992年に世界遺産に登録された。 ピタゴリオ ピタゴリオは都...
  • 292.4Km~
    神学者聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟~パトモス島の歴史地区 ギリシャの小島パトモス島の中心市街ホーラは、丘の上に立つ聖ヨハネ修道院を海賊などの外敵から守るため要塞化した町。聖ヨハネが預言書 ヨハネ黙示録 を書いた島でもある。1999年に世界遺産に登録された。 ...
  • 343.1Km~
    アヤソフィア トルコ最大の都市イスタンブールにある博物館「アヤソフィア」。ビザンティン建築の最高傑作ともいわれ、東ローマ帝国(ビザンティン建帝国)時代に正統派キリスト教の大聖堂として建設され火災や争乱などで2度焼失...
  • 423.5Km~
    ミコノス島 エーゲ海のキクラデス諸島にあるミコノス島は サントリーニ島 とともに人気の観光リゾート地。エーゲ海の白い宝石とも呼ばれ、白一色の町並みと青い海のコントラストが観光客を魅了します。...
  • 432.6Km~
    デロス島 ミコノス島 からわずか2.5km(船で約30分)、エーゲ海に浮かぶ小さな島デロス島。現在は無人で遺跡だけが残る。古代ギリシャにおいて聖地とされ、島内には遺跡が数多く残り、遺跡巡りが堪能できます。ギリ...
  • 443.8Km~
    サントリーニ島 5つの島々からなるサントリーニ島の中で最大の島がティーラ島。 ミコノス島 と並んで人気のある観光リゾート地。断崖の上に建つ白い壁の家々が特徴、北部の港町イアは絶景の夕日で知られる。 ビーチ ...
  • 564.7Km~
    クレタ島 ギリシャ最大の島クレタ島は、1年を通じ温暖な気候と豊かな自然景観から地中海の代表的な観光地ともなっている。古代ギリシアの最古の文明である古代ミノア(クレタ)文明が栄えた地であり1900年にイギリスの考...
  • 575.6Km~
    アテネ国際空港 アテネ国際空港(エレフテリオス・ヴェニゼロス国際空港)は、世界各国から離発着する国際空港および、エーゲ海の島々へのフライトの要所。 空港からアテネ市内中心部まではタクシーで約35分(EUR35、深...
  • 588.7Km~
    アトス山

天気・日の出・日の入

朝焼け
12:31~
日の出
12:57
南中
19:09
日没
01:20
夜景
01:47~
住所
トルコ デニズリ県
観光スポット・カフェ・ホテルを
地図・GPSで検索