タビマメ
GPS hotel 路線検索

キナバル自然公園

キナバル自然公園は、ボルネオ島のサバ州にあるキナバル山など3つの山を中心とした山域の保護を目的としたマレーシアの国立公園。2000年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録。キナバルとは、中国語でキナは中国、バルは未亡人の意味。キナバル山付近には中国の王子とその未亡人の伝説がある。ボルネオ島のジャングルは、アマゾンやアフリカ大陸のジャングルより古いといわれ、特有の動植物が多く存在している。キナバル自然公園には世界最大の花とも言われる「ラフレシア」 、食虫植物として有名な「ウツボカズラ」が原生している。
住所 マレーシア ボルネオ島 サバ州

レビュー

  • ボルネオの旅。こちらはキナバル山。自然公園ではかわった植物も見られます。

    1年以上前
  • キナバル山のふもとの村でラフレシア咲いてます! 今日で開花3日目!

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
06:41~ 07:02 13:05 19:08 19:29~