タビマメ
GPS hotel 路線検索

瑞鳳殿

瑞鳳殿
瑞鳳寺
正宗山 瑞鳳寺
当山は藩祖政宗公の菩提寺として 寛永十四年(一六三七) 二代忠宗公 によって創建された御一門格寺院である。御本尊は釈迦、文殊、普賢の 三体で平泉毛越寺より遷したもの、 梵鐘は寛永十四年忠宗公の寄進によるもので県指定の文化財である。本堂前の冠木門は三代網宗公側室椙原おお品邸にあったもので俗に高尾門といわれている。栄西堂は臨済宗の宗祖であり又日本に初めてお茶を伝えた栄西禅师の御像を安置したもので、人間国宝 香取正彦氏の作である。 茶室瑞新軒は十四代淡々斉好裏千家 又隠席写、二畳台目の二席。花塚は、本源流の奥儀を示す石の組かたで、仙台の詩人土井晩翠の詩が記されている、その他伊達安芸の献灯、先代萩の亀千代、政岡、千松の像などがあり境内には多数の花木があります。