タビマメ
GPS hotel 路線検索

コンシェルジュリー

フランスのパリのシテ島あるかつての牢獄「コンシェルジュリー」。もともとフランス王フィリップ4世(1268年~1314年)の宮殿であったパレ・ド・ジュスティス(現裁判所)の敷地内にあり、14世紀後半から牢獄として使われ始める。18世紀のフランス革命の際には、マリー・アントワネットやルイ16世など多くの王族、貴族が収容され後に死刑となった。

マリー・アントワネット過ごした独房

マリー・アントワネット(女囚280号)が2か月半過ごした独房は長女のマリー・テレーズによって後に改装され、祭壇が設けられている。アントワネット収容当時の様子は別室で再現されている。
住所 フランス
アクセスパリメトロ4号線シテ駅前

レビュー

  • コンシェルジュリーの裏側に、二等辺三角形のドフィーヌ広場(Place Dauphine)があります。ここは、まさにLutèceの中心部だったようです。首都パリは、ここから始まったのですね。

    1年以上前
  • コンシェルジュリー(パリ)もとはフィリップ4世の宮殿。それが牢獄として14世紀後半から使われ始め、フランス革命の際には、多くの王族や貴族が収容されました。マリー・アントワネットが投獄されたことで有名です。

    1年以上前
  • コンシェルジュリー!処刑台に登る前に収容される牢獄!マリーアントワネット、ルイ16世、デュバリー夫人も通った所!めっちゃ楽しみにしてたのに、開館時間になってcloseの張り紙。…これだからフランスは(´;ω;`)

    1年以上前
  • コンシェルジュリーの裏側に、二等辺三角形のドフィーヌ広場(Place Dauphine)があります。ここは、まさにLutèceの中心部だったようです。首都パリは、ここから始まったのですね。

    1年以上前
  • マルキドサドが気になって調べたら バスティーユ牢獄に11年、コンシェルジュリーに1ヶ月、ビセートル病院(刑務所でもあった)に3年、要塞に2年、サン・ラザール監獄に1年、そしてシャラントン精神病院に13年入れられた。サディズムという言葉は、彼の名に由来する。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
12:25~ 13:05 20:56 04:48 05:28~