タビマメ
GPS hotel 路線検索

横浜開港資料館

横浜の歴史に関する資料約25万点を収蔵・展示している歴史博物館。建物は英国領事館として1931年に建築されたもので、、1972年まで領事館として利用されていた。
住所 神奈川県横浜市中区日本大通3
アクセスみなとみらい線日本大通り駅から徒歩2分。
豆知識1854年に日米和親条約が締結された場所に立っています。

レビュー

  • レビュー写真
    横浜の歴史に関する資料を展示
  • ちなみに、ジャックの塔といわれている建物はこちらではなく「横浜市開港記念会館」です。

  • 日米和親条約を見守った横浜開港資料館のたまくすの木。不平等?って思った?

    1年以上前
  • 横浜開港資料館で。開港のひろば。 これは資料館へ行けば貰えますが、 ホームページからでも閲覧できるようです。

    1年以上前
  • 横浜開港資料館にある玉楠の木。中学校の歴史の教科書にも出て来ますよね。

    1年以上前
  • 横浜開港資料館で買った昔の大さん橋の絵葉書。いまとくらべると意外と変わってないかな

    1年以上前
  • 横浜開港資料館「生麦事件 激震、幕末日本-イギリスに遺された資料から」みた。29歳で薩摩藩一行に斬られて死んだリチャードソンから見た幕末日本。それを資料で見せるという、あまり目にしなかった視点。いつもながら開港資料館の展示する資料は見応えある。10/21まで

    1年以上前
  • 横浜開港資料館へゆく。 生麦事件で落命したリチャードソンの手紙が展示されていました。事件の写真がほとんどないのが気になったが、手紙を提供した子孫の方がこの夏に来日されたので、やっぱり配慮したのかな。かなり生々しい遺体写真が残っているのである。久しぶりに吉村昭を再読してみるか。

    1年以上前
  • 横浜開港資料館にて、シナモンロール、アップルパイと共に、読書と絵葉書鑑賞。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
04:03~ 04:32 11:38 18:43 19:12~