タビマメ
GPS hotel 路線検索

山形市郷土館(旧済生館本館)

霞城公園にある山形市郷土館は、1878年(明治11年)に建てられた擬洋風建築の公立病院。太政大臣・三条実美により「済生館」と名付けられた。約90年間山形の中心的な病院となっていたが老朽化のためその役目を終え、1966年に重要文化財に指定後、霞城公園内に移築された。現在は資料館として無料開放されており、明治時代に山形の医学の発展に貢献したたオーストリア人医師・アルブレヒト・ローレツ博士の資料他、医学・医療関係の資料などが展示されている。
住所 山形県山形市霞城町1-1

レビュー

  • 山形城にある素敵な建物。とにかく素敵。中庭も素敵。
  • 病院として利用されていた擬洋風建築の傑作。古い医療器などが展示されています。
  • 展示物の写真撮影は禁止だけど、建物内部などは自由に撮影できます。
    まろもんず 04月21日
  • レビュー写真 レビュー写真
    外観
  • レビュー写真 レビュー写真
    中庭
  • レビュー写真
    首洗い岩
  • レビュー写真
    説明
  • レビュー写真
    入口
  • レビュー写真
    階段
  • レビュー写真
  • 山形市郷土館は、山形県のヘリテージング100選の中の一つです。

    1年以上前
  • 文翔館といい、旧済生館といい、入館無料で建物撮り放題ってヤバくない!?いつも申し訳ないと思いつつ撮りまくってる。

    1年以上前
  • 【重文】旧済生館本館/1878/下見板系擬洋風建築。円形の回廊と中庭や4階建の塔屋を持つ独特の構成。この様式の最初期の例とあって西洋建築の意匠が厳密に引用されているわけではないが、正面のプロポーションの美しさや機能的な構成は見事。

    1年以上前
 

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
05:58~ 06:26 11:24 16:22 16:51~