マチュ・ピチュ

1911年7月24日にイェール大学の歴史家であるハイラム・ビンガムが発見した標高2000メートルにあるインカの遺跡。「マチュ・ピチュ」はケチュア語で「老いた峰」を意味する。王族・貴族の避暑地の説が有力で、大きな宮殿や寺院がある。1440年頃に建設が着手され、1532年にスペイン人により征服されるまでの約80年間使用されていた。

レビュー

レビュー・写真を投稿する
クリア
  • 急斜面の石積み
  • 太陽の神殿のインティワタナ
  • ペルー マチュピチュ
    ペルー マチュピチュ
  • マチュピチュ,ペルー
    マチュピチュ,ペルー
  • マチュピチュ遺跡
    マチュピチュ遺跡
  • 世界遺産ペルー旅行~ナスカ地上絵、天空の城マチュピチュ~
    世界遺産ペルー旅行~ナスカ地上絵、天空の城マチュピチュ~
  • マチュ・ピチュ【ペルー】 アンデスにある15世紀のインカ帝国の遺跡。アンデス文明は文字を持たないため、この遺跡が何のために作られたのか、その理由はまだ明確に分かっていない

    10ヶ月前
  • ペルーにあるマチュ・ピチュです。「空中都市」と称される15世紀のインカ帝国の遺跡。ケチュア語で「老いた峰(Old Peak)」を意味します。1983年にユネスコの世界遺産に登録され、2007年に新・世界七不思議の1つに選ばれました。

    10ヶ月前

ぶらぶらする

 
  • 73.4Km~
    サクサイワマン遺跡 インカ帝国の古都クスコ市の北にあるインカの遺跡「サクサイワマン」。ケチュア語で「満腹のハヤブサ」の意味を持つ。第9代皇帝パチャクティの命によって1438年以降に建設が始められ、約50年後の第11代皇帝...
  • 335.3Km~
    ナスカとフマナ平原の地上絵 ナスカとフマナ平原の地上絵は、高原の地表面に「描かれた」幾何学図形、動植物、道具の絵。サル、シャチ、魚、爬虫類、海鳥類などが描かれており、有名なハチドリは約96m、最も大きい鳥類の絵は285mある。 ...
  • 371.9Km~
    ワカチナ ペルー南西部イカ県にあるオアシス「ワカチナ」。一面の砂漠のなか突如現れる小さな湖と村は「アメリカのオアシス」と呼ばれている。また砂丘を利用したサンドバギーにサンドボードなど砂漠のスポーツも楽しめます。
  • 375.0Km~
    アレキパ歴史地区 リマに次ぐペルー第2の都市「アレキパ」。インカ帝国の第4代皇帝マイタ・カパック(在位1290年頃~1320年頃)の命によって建設され、皇帝が「Ari qhipay(ここに住みなさい)」と言ったことが町...
  • 960.5Km~
    ウユニ塩湖 ウユニ塩湖は世界最大の塩湖と知られ「世界最大の鏡」「天空の鏡」とも称される塩原。標高約3,700mにあり寒冷な気候で南北約100km、東西約250km、面積約12,000km²と広大で車のない時代では...
  • 1771.7Km~
    キャノ・クリスタレス川 キャノ・クリスタレス(Cano Cristales)は南米コロンビアの国立自然公園「シエラ・デ・ラ・マカレナ」にある全長100キロの川。1年のほとんどは普通の川だが、乾季となる9~11月のうちのわずか...
  • 2177.9Km~
    ピエドラ・デル・ペニョール コロンビア第二の都市メディジンの郊外にあるグアタペ、7000万年前に形成された高さ220mの一枚岩の巨岩 「ピエドラ・デル・ペニョール」 がある。遠くから見ると縫い目のようになっている階段(約700段...
  • 2399.0Km~
    エンジェルフォール 世界最大の滝であるエンジェルフォールは979mから落ちその高さから落ちる水は空中で拡散し滝が消えてしまうため、滝つぼが存在しない。場所はカナイマ国立公園(世界遺産)内にありギアナ高地の最大のテプイ(台...
  • 2417.0Km~
    ガラパゴス諸島 ガラパゴス諸島は「進化の島」と呼ばれ7割以上が島固有の生物といわれ独自の進化を遂げた島々。ガラパゴス諸島は約500万年の海底火山の隆起によってできたと考えられており、ガラパゴス諸島の生物はどこからきた...
  • 2471.7Km~
    ダリエン国立公園

天気・日の出・日の入

朝焼け
18:50~
日の出
19:12
南中
01:35
日没
07:58
夜景
08:20~
住所
ペルー マチュ・ピチュ
豆知識
観光スポット・カフェ・ホテルを
地図・GPSで検索