タビマメ
GPS hotel 路線検索

石見銀山

戦国時代の終わりから江戸時代の初めまで採掘された日本屈指の銀山。日本の銀の産出量は世界の1/3にも及んでいた。その多くの銀が石見銀山(いわみぎんざん)から採掘されたもので、マカオを拠点に来航するポルトガルや、オランダ東インド会社などとの間で取引され世界規模の交易が行われていた。石見銀山では600を超える間歩(坑道)が残り、龍源寺間歩は一般公開されており、大久保間歩はツアーでの見学が可能。
住所 島根県大田市石見銀山
アクセスJR・大田市駅→バスで約30分(630円)→バス停・大森代官所跡
JR・大田市駅→バスで約30分(670円)→バス停・大森
JR・大田市駅→バスで約35分(750円)→バス停・世界遺産センター
豆知識
  • 1526年に発見され、休山する1923年までの約400年間採掘が続けられてきた。
  • 銀山の所在する佐摩村(さまむら)の高品質な銀は信用が高く、村名にちなんだソーマ銀と呼ばれた。

天気・日の出・日の入

朝焼け 日の出 南中 日没 夜景
04:30~ 04:59 12:07 19:15 19:44~

レビュー

  • 通常公開されている龍源寺間歩(坑道)までは歩くと結構な距離なのでレンタサイクルがオススメです。
  • 石見銀山全体では600を越える間歩があるそうで、最盛期には20万人もの人が暮らしていたと言われています。
  • 観光案内所のある石見銀山公園~龍源寺間歩までが銀山地区。その逆側が町並み地区となっています。
  • レビュー写真
    下河原吹屋跡
  • 昨日行った石見銀山の写真 見所満点でまた行きたくなりました。現地のガイドさんの説明が素晴らしかった。

    1年以上前
  • 【日本/島根】石見銀山遺跡とその文化的景観 16~17世紀初頭にかけて発展した銀山と、その周辺の景観を含めた文化遺産。そのおもな構成遺産は銀山柵内、龍源寺間歩、熊谷家住宅、代官所跡、羅漢寺五百羅漢、温泉津沖泊道、鞆ケ浦、温泉津など。

    1年以上前
クリア