タージ・マハル

タージ・マハルは、ムガル帝国絶頂期の時代、第5代皇帝シャー・ジャハーンが、若くして死去した王妃ムムターズ・マハル(1595年~1631年)のため建設した総大理石の霊廟。1983年に世界遺産に登録。「世界一ゴージャスな建物」ともいわれ、ペルシャ、アラブ、ヨーロッパなどイスラム圏から2万人もの職人を集め1632年から20年以上の歳月をかけ造られた。皇帝シャー・ジャハーンと王妃ムムターズ・マハルは、このタージ・マハルで眠っている。

レビュー

レビュー・写真を投稿する
クリア
  • タージ・マハル
  • シャー・ジャハーン及びムムターズ・マハルの墓
  • 世界遺産タージマハル
    世界遺産タージマハル
  • タージ・マハル (インド) インド北部アーグラにある、 ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、 死去した愛妃ムムターズ・マハル (1630年)のため建設した 総大理石の墓廟。

    11ヶ月前
  • インドのタージ・マハルです。ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、愛妃ムムターズ・マハルのために建設した総大理石の墓廟です。1983年にユネスコの世界遺産に登録され、2007年に新・世界七不思議に選出されました。

    1年以上前
  • 【タージ マハル・インド】 世界で最も美しい霊廟とよばれるタージ・マハルは、インド北部のアーグラに位置する、総大理石造りの巨大な墓廟です。1983年、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。

    1年以上前
  • めっちゃタージ・マハル見に行きたい!これお城と思いきやお墓なんや★夫が妻のために造って本当は川挟んで向かいに黒大理石の自分のお墓造りたかったらしい。どんだけ愛したんや~中は撮影禁止らしいし。行きたい~★とりあえずお金と時間、足りんわ笑

    1年以上前
  • 世界でもっとも美しい霊廟と言われているインドのタージ・マハル。この美しい白大理石の建物はムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンが、若くして亡くなった最愛の王妃ムムターズ・マハルのために建てたお墓なんです。

    1年以上前

ぶらぶらする

 

天気・日の出・日の入

朝焼け
10:04~
日の出
10:30
南中
15:43
日没
20:56
夜景
21:22~
料金
外国人の入場料金 750ルピー(約1200円)
住所
インド タージ・マハル
豆知識
  • 「ムガル」とは、ペルシア語で「モンゴル」を意味する。
  • バーブルの父はトルコ系、母はチンギス・ハーンの家系のモンゴル系。
  • バーブルはモンゴルを嫌っており、「ムガール」と呼ばれることを嫌っていた。
  • 1858年にイギリス東インド会社により滅ぼされた。
観光スポット・カフェ・ホテルを
地図・GPSで検索