ペルーの観光スポット

  • マチュ・ピチュ

    マチュ・ピチュ

    1911年7月24日にイェール大学の歴史家であるハイラム・ビンガムが発見した標高2000メートルにあるインカの遺跡。「マチュ・ピチュ」はケチュア語で「老いた峰」を意味する。王族・貴族の避暑地の説が有力...
  • ワカチナ

    ワカチナ

    ペルー南西部イカ県にあるオアシス「ワカチナ」。一面の砂漠のなか突如現れる小さな湖と村は「アメリカのオアシス」と呼ばれている。また砂丘を利用したサンドバギーにサンドボードなど砂漠のスポーツも楽しめます。...
  • サクサイワマン遺跡

    サクサイワマン遺跡

    インカ帝国の古都クスコ市の北にあるインカの遺跡「サクサイワマン」。ケチュア語で「満腹のハヤブサ」の意味を持つ。第9代皇帝パチャクティの命によって1438年以降に建設が始められ、約50年後の第11代皇帝...
  • ナスカとフマナ平原の地上絵

    ナスカとフマナ平原の地上絵

    ナスカとフマナ平原の地上絵は、高原の地表面に「描かれた」幾何学図形、動植物、道具の絵。サル、シャチ、魚、爬虫類、海鳥類などが描かれており、有名なハチドリは約96m、最も大きい鳥類の絵は285mある。 ...
  • アレキパ歴史地区

    アレキパ歴史地区

    リマに次ぐペルー第2の都市「アレキパ」。インカ帝国の第4代皇帝マイタ・カパック(在位1290年頃~1320年頃)の命によって建設され、皇帝が「Ari qhipay(ここに住みなさい)」と言ったことが町...